ロクディム:6-dim+ RAINBOW TOURへ

ちょっとした縁があって、6-dim+の舞台を見に。

6-dim+とは、台本が一切なく全てが即興でのやりとりで繰り広げられる、パフォーマンス集団のこと。

その時その瞬間のお互いの間、全体の空気、話の流れ、展開を瞬時に判断して、その流れに乗っかるか強引に変えていくか…

それぞれの判断によって即興で作られていくのが、見ていてとても楽しい。


出だしは探り探り。


それが徐々にお互いの役割・流れを捉えていくことで、出来上がってくる唯一無二の「場」。


二度と作り上げる事が出来ない、「いのち」の場が生まれてくる。



これは治療の場でも同じ。


その時その瞬間、相手の身体が様々なことを訴えてくる。


どういう状態なのか?
どんな問題を抱えてるのか?
どうしていきたいのか?
何をして欲しいのか?


同じ人でも時が変われば全然違う。

それに対して自分が応えていくことで、出来上がってくる「いのち」の場。

頭で考えてたらダメ。



「いのち」と「いのち」のやりとり。



姿勢がどうだとか

歩き方がどうだとか

骨盤がどうだとか

脚の長さがどうだとか




そんなことは、どうでもいい。



ちゃんと相手の「いのち」を感じられてるか?



まだまだ深めていかないと…



そんな「いのち」の場が作られていく瞬間を客観的に見る事が出来て、とても勉強になった。

整體あわい

「生きる」 ではなく 「生きていくこと」 が出来るように