いっぱい頑張ってる

4月からセーノスケは小学校、ソータは保育園と、2人とも新しい環境での生活が始まった。


ソータは「行きたくない」と泣きわめいたり、セーノスケも朝の足取り重く、母親に校門まで付き添われて下駄箱で泣き出したりとか。


それでも2人とも今週頑張ってやり切った。


ガラッと急に環境が変わって、知らない人ばかりの中、気を張り続けてる。


大人から見ると、別に大したことないことかもしれない。
でも本人たちからすれば、慣れない環境の中ものすごい緊張感だったと思う。

帰ってきてからも、普段より疲労感がすごい。


パッと見た感じは、いつも通りの2人に見えるけど、心の奥では緊張感と不安感とでいっぱい。

そんな2人の息子の姿から、学ぶことがたくさんある…



この週末は、目一杯褒めてあげて目一杯甘やかしてやろう。

整體あわい

「生きる」 ではなく 「生きていくこと」 が出来るように