「パイオニアは相当辛いと思いますよ」

とは、患者のKさんの言葉。
ふとした会話の流れで出てきた言葉ですが、勇気をもらえる言葉でした。


【整骨院】と聞けばマッサージやボキボキ・バキバキなどのイメージが強い中、触るか触らないかの強さで施術をしている当院。そういった整骨院も増えてはきてますが、まだまだ少ないのが現状です。仙台でもしかり。


私自身がパイオニアでもなんでもないですが、こういう現状の中でソフトな施術をやって行くには、患者さんの認識や考えを改めていくしかありません。
現時点ではまだそれが出来てない感じ。
施術で認識してもらうのももちろんですが、言葉や会話でも認識してもらえるように、しっかりやっていかなければです。

結構口下手な私ですが・・・(^_^;)





さ〜て、頑張るどp(`⌒´q)

整體あわい

「生きる」 ではなく 「生きていくこと」 が出来るように